top of page
28242363_m.jpg

​会費・寄付

社会福祉協議会 会員会費

胎内市社会福祉協議会では、市民の皆さんや事業所などに会員加入をお願いしています。会員加入とは、地域福祉推進に取り組む社協の運営やサービスへの参加・協力を財政面でお願いするものです。また、会員加入は福祉の仲間になっていただきたいという意味も持っており、会員になることで地域福祉を支え、活動に参加することにつながります。社協の活動にご理解をいただき、社協会員へのご加入をお願いいたします。皆さまから寄せられた会費は、さまざまな福祉サービスに使わせていただき「誰もが安心して暮らすことができるまちづくり」を進めるための大切な財源となっています。

  • 一般会員

対象:胎内市に住所を有する各世帯

会費:1世帯あたり500円

  • 賛助会員

対象:社会福祉事業に賛同する個人

会費:1口あたり1,000円

  • 特別会員

対象:会社、商店、施設、団体等

会費:1口あたり3,000円

会費の活用について

会員の皆さまからいただいた会費は「地域づくり環境整備推進事業」、「要援護者への除雪費の一部助成」、「災害時のお見舞い金の支給」、「地域福祉委員会の開催」、「胎内市社会福祉大会」等、地域福祉の増進、高齢者・障がい者に関する各種サービスなどの事業の取り組みに活用させていただいております。

会員会費報告

社協だよりに掲載しております。

加入申込書

​寄付

寄付金のご協力について

毎年、市民の皆さまをはじめとする個人の方や団体、施設、会社等多くの方々より、「福祉のために役立ててください」と寄付金や寄付物品が寄せられています。いただいた寄付金(品)は寄付者のご希望に沿うようボランティア活動・地域福祉・介護などに役立たせていただきます。住民の皆さまが、地域で必要なサービスや支援をうけながら暮らし続けられる地域福祉の推進のために、皆さまの善意をお待ちしています。

寄付金等の受付について

こんなときに・・・・・・・

  • 福祉のために役立てようと思った時

  • 会社や商店の開設、開店などの記念行事の一部

  • 職場募金、各種チャリティーバザーの収益金

  • 香典返しや快気祝い等

※社協窓口に直接ご持参いただくか、物品の種類によってはお伺いいたします。

寄付金控除について

社協に寄付をした個人は、確定申告によって限度額内で所得税法上の寄付金控除が受けられます。また、法人も確定申告によって一般損金算入限度額内で法人税法上損金算入ができます。

bottom of page